GIA

ジュエリー

GIAは2件のモアサナイト詐欺を発見、報告した

(左)1.71ct (右)7.42ct原石 いずれもモアサナイト GIAの季刊誌であるGem & Gemologyの最新号で、合成モアサナイトに関する2件の詐欺未遂事件が取り上げられた。 ひとつのケースは、ニューヨーク...
ダイヤモンド

AGSは2022年末でラボ事業を終了、GIAに統合

AGS CEOキャサリン・ボドー(左)とGIA社長兼CEOスーザン・ジャック(右) AGS(The American Gem Society - アメリカ宝石協会)は今年2022年末でラボ事業の運営を終了し、GIAに統合されることを...
ダイヤモンド

GIAは2023年1月より、デジタルレポートを開始

GIAは、2023年1月にダイヤモンド・ドシエのデジタルバージョンを発売すると述べている。これはデジタル形式のみで提供され、従来のような紙のレポートは提供されない。 これは、今後3年間ですべての紙のレポートを段階的に廃止する...
ダイヤモンド

超希少なダイヤモンドが地球の秘密を解きかす!?

科学者たちは現在、地球の内部には当初考えられていたよりもはるかに深い部分に水があると信じている。これは、GIAにグレーディングのために送られたダイヤモンドに含まれる非常に希少なインクルージョンによって判明した。 ボツワナのカ...
ダイヤモンド

AI(人工知能)ダイヤモンドグレーディングの考察 – GIA

AI(人工知能)とその概念は何十年も前から存在するが、それが実際にどのようなもので、どのように機能するのかは依然として多くの人には理解されていない。このAIに対する曖昧な理解は、多くの消費者にとって誤解を引き起こし、問題になる可能...
ダイヤモンド

GIAのデジタル進化戦略 – 未来へ向けた展開

米国の宝石研究機関であるGIA(米国宝石学協会)は、2025年までにすべてのレポートをデジタル化することを発表している。ジュエリー業界の小売業者は、このGIAの方向性、つまりダイヤモンドのアイデンティティに対する信頼性を高める高度...
ダイヤモンド

GIAはダイヤモンドの原産地検証サービスを開始

GIA(米国宝石学協会)は、消費者にダイヤモンドの原産地検証を提供する新しいサービスの受付を開始した。 大手のダイヤモンドメーカーは既に7月上旬にGIA原産地検証サービス(Source Verification Servic...
ダイヤモンド

GIAはドバイに初となるラボを開設

GIA(米国宝石学協会)は7月26日、ドバイ初となるラボを開設する予定だと発表した。 ドバイのGIAラボは2023年中旬のオープンを予定しており、ドバイ・マルチ・コモディティセンター(the Dubai Multi Commodit...
ジュエリー

GIAはeBayのジュエリーに検証サービスを提供する

米国を拠点とする世界最大手のオンラインマーケットプレイスの一つである”eBay”(イーベイ)は、提供している真正性保証サービスの範囲拡大として今後ファインジュエリーを含める。eBayはGIAと協力して、購入者に対してファインジュエ...
ダイヤモンド

GIAは2022年7月にアントワープ支店を閉鎖予定

GIA(米国宝石学協会)は、需要の減少に伴い来月の7月31日にアントワープ支店を閉鎖する予定だと発表した。 GIAのスポークスパーソンは今週水曜日、閉鎖についてクライアントに通知したと述べた。顧客は、Malca-Amitの配...
ダイヤモンド

GIAは2025年までに全てのレポートをデジタル化すると発表

米国の宝石研究機関であるGIA(米国宝石学協会)は、2025年までにすべての紙ベースのレポートをデジタル形式に変換することにより、消費者保護ミッションを強化すると発表した。これにより、年間20トンの紙と18.5トンのプラスチックを...
ダイヤモンド

AI自動グレーディングの革命 [RAPAPORT Webinar]

2022年5月17日、"Fast-Tracking the Future"と題されたRAPAPORTの3部構成のウェビナーの最後のパート”Automated Grading and the AI Revolution(AI自動グレ...
ダイヤモンド

GIAが新しいダイヤモンドトレーサビリティサービス “GIA Source Verify™”を発表

世界情勢の緊張はダイヤモンド業界にも大きな影響を与えており、ダイヤモンド原産地の透明性はこの状況で特に重要性を増してきているトピックのひとつになっている。 このような状況の中、米国宝石学会(The Gemological Insti...
タイトルとURLをコピーしました