ロシア

ダイヤモンド

WFDBはロシア制裁のための「ベルギープラン」に異を唱える

世界ダイヤモンド取引所連盟(WFDB)は、ロシアダイヤモンドに対する制裁の方法として、全てのG7加盟国向けのダイヤモンドに対してアントワープを唯一のエントリーポイントとする「ベルギープラン」に意を唱えている。 ロシア産のダイヤモンドに対する...
ダイヤモンド

世界のダイヤモンド業界は新たな制裁の実施に向けて準備を進める

世界のダイヤモンド業界は2024年の大きな変化に備えを進めている。 ロシアに対する新たな制裁により、ダイヤモンドのサプライチェーン全体にわたるトレーサビリティプログラムの導入が加速されることになる。ダイヤモンドをG7加盟国に販売する場合、企...
ダイヤモンド

2024年に注目すべき、ダイヤモンド業界の5つのポイント – RAPAPORT

RAPAPORTは過去数年間のダイヤモンド業界動向を考慮し、今年ダイヤモンド業界が注目すべき5つのポイントについて簡潔にまとめた。 2024年ダイヤモンド業界5つのポイント 現在進行しているロシア産ダイヤモンドへの制裁に関する騒動、及びボツ...
ダイヤモンド

ロシア産ダイヤモンドへの制裁 – ポイントと考察

EUがロシア産のダイヤモンドへの制裁を表明するずっと前から、特にジュエリー関連の国際メディアはこの状況について多くの議論を行っていた。インド側にはかつて2つの異なる意見が存在していた。制裁反対派は「制裁はインドのダイヤモンド産業に大きなダメ...
ダイヤモンド

G7はロシア産ダイヤモンドの禁止を合意

トレーサビリティの可能性をめぐる議論が激化する中、EUとG7加盟国は来月(2024年1月)からロシア産ダイヤモンドの禁止を実施する。 この発表は、ウクライナとの戦争が続いているロシア政府に制裁を課すというG7首脳らの最近の声明に基づくものだ...
ダイヤモンド

制裁は「ダイヤモンドの供給不足と価格の崩壊を促す」とロシアは指摘する

世界によるロシア産ダイヤモンドに対する制裁の動きは、ダイヤモンドの供給不足と価格崩壊につながるだろうと、ロシアの財務副大臣であるアレクセイ・モイセーエフは述べた。 そして、それは結果的にラボグロウンダイヤモンドの台頭を加速させるだろうと彼は...
ダイヤモンド

EUは来週にもロシア産ダイヤモンドの取引禁止を提案

フィナンシャル・タイムズ紙によると、EU(欧州連合)はG7諸国の承認を得た後、ロシア産ダイヤモンドの取引禁止を進める予定だという。 フィナンシャル・タイムズ紙の報道によると、ベルギーを含むEU諸国はG7に対し、制裁計画に一定の支持を与えるよ...
ダイヤモンド

G7によるロシアダイヤモンドの禁止は1月に始まる可能性が低い

G7によるロシア産ポリッシュダイヤモンドの禁止が2024年1月1日にスタートすることを期待する声が多くあったが、これはおそらく早ければ来年3月の開始になるだろうと関係者は語った。 G7の代表者たちは11月中旬までに提案をまとめる予定だと述べ...
ダイヤモンド

アルロサはダイヤモンド供給過多に対応し販売をキャンセル

ロシアの鉱山企業であるアルロサは、ダイヤモンド市場の急激な低迷の中で、次の2つの販売をキャンセルし、バイヤーとサプライヤーへ注意を促した。 同社は低需要を理由に、インドのGJEPC(宝石&ジュエリー輸出促進評議会)にこの決定を通知した。この...
ジュエリー

ロシアは新しいジュエリーオンラインマーケットプレイスを立ち上げる

メディアの報道によると、ロシアとベラルーシの政府は、輸出を合理化するために来年初めに国際ジュエリーマーケットプレイスを立ち上げる計画だという。 ロシアの日刊紙イズベスチヤが先週報じたところによると、両国はカザフスタンに本部を置くユーラシア開...
ダイヤモンド

キンバリープロセスデータから読み解く、ダイヤモンド原石市場

新しく発表されたキンバリープロセスのデータは、現在のダイヤモンド市場の動向に関する最新の洞察を提供している。パンデミックからの回復期間中、非常に多くのダイヤモンド原石が市場に投入され、ダイヤモンド業界は2021年から2022年の初めにかけて...
ダイヤモンド

アルロサは新CEOにパベル・マリニチェフを任命

アルロサ新CEO パベル・マリニチェフ ロシアの国営ダイヤモンド鉱山企業であるアルロサは、5月17日、パベル・マリニチェフを新CEOに任命したことを発表した。 マリニチェフは、昨年2月のロシアによるウクライナに侵攻の後、父親と共に米国からの...
ダイヤモンド

ロシア産のダイヤモンドはどこへ行った?

ロシア、アルロサのダイヤモンドは依然として市場に流通している。だがその詳細は不透明だ。 ロシアのダイヤモンドはインド、ベルギー、またその他の世界的なダイヤモンド取引地に流入しており、誰もがそれを認めている。しかし一方で、それらのダイヤモンド...
ダイヤモンド

「ロシア産ダイヤモンドのボイコットはビジネスを成長させる」 – シグネットCEO

米国最大のジュエリー小売企業であるシグネット・ジュエラーズのバージニア・ドロソスCEOは、同社のロシア産ダイヤモンドボイコットが同社の成長を後押ししていると述べている。 GJEPCのSolitaire誌のインタビューの中で彼女は、「(ロシア...
ダイヤモンド

ポリッシュダイヤモンド輸入業者は、非ロシア産の証明が必要になる可能性

米国の最高制裁当局者によると、G7諸国は、輸入するポリッシュダイヤモンドがロシア原産ではないという確認を輸入企業に義務付ける可能性があるという。日本もG7加盟国だ。 ジュエラーズ警戒委員会(JVC)が米国制裁調整局のリーダーであるジェームズ...
ダイヤモンド

業界のロシア危機 – 2:制裁の作成[RAPAPORT]

『業界のロシア危機 – 1:アルロサのポジション』はこちらから。 ロシア危機により、ダイヤモンド業界は「責任ある調達」を次のレベルに引き上げることを余儀なくされている。ダイヤモンド業界が長い歴史の中で風評に対応してきた長い歴史を考えると、ウ...
ダイヤモンド

ロシアウクライナ戦争開始後、ロシアのダイヤモンド輸出は増加

2022年上半期のキンバリープロセス(KP)の統計によると、ロシアウクライナ戦争開始後、米国の制裁にもかかわらずロシアのダイヤモンド輸出は増加しているという。 まだ正式に公開されていない数字によると、2022年2月24日のウクライナ侵攻後、...
ダイヤモンド

業界のロシア危機 – 1:アルロサのポジション[RAPAPORT]

RAPAPORTは、2023年2月のラパポートリサーチレポートに、ロシアウクライナ戦争がダイヤモンド業界に与える影響の考察を掲載した。 ダイヤモンド市場は、ロシアウクライナ戦争の影響をまだ十分に感じていない。戦争が始まった当初の予測では、世...
ダイヤモンド

EUでロシアダイヤモンドへの制裁議論が再燃

EUはロシア産のダイヤモンドに対する制限を検討している。業界メンバーや政治家は、世界的に足並みを揃えた努力だけがロシアに対して影響を与えられると主張している。 メディア報道やラパポートニュースへの情報によると、EU(欧州連合)はロシア産ダイ...
ダイヤモンド

ポーランドとリトアニアは、ロシアダイヤモンドに対する制裁をEUに求める

ポーランドとリトアニアは、ベルギーとロシアの間のダイヤモンド貿易を終了するように再び要求するという。 ポーランドとリトアニアの外交官は、ロシアウクライナ戦争の1年経過がが近づくに伴い、ロシアとその同盟国ベラルーシに対するより厳しいEU制裁を...