トレーサビリティ

ダイヤモンド

アメリカはロシアダイヤモンドに対するトレーサビリティを軟化させる可能性

ロシアダイヤモンドに対する制裁に関し、米国はEUのようなトレーサビリティプログラムを導入しない可能性が示唆されており、米国はロシアダイヤモンド制裁に対する立場を軟化させていると伝えられている。 鉱山企業、製造業者、小売業者は皆、それが加工(...
ダイヤモンド

ダイヤモンド原産地証明の要求に混乱するインド

G7のロシアダイヤモンド規制に伴い、EUやアメリカの多くのバイヤーが制裁対象外のサイズにまで非ロシア産の原産地証明を求めており、インドのダイヤモンド取引に混乱を引き起こしていると関係者は語った。 ロシア産ダイヤモンドに対する新たな禁止措置は...
ダイヤモンド

科学はダイヤモンドの原産地を特定することはできない – GIA

ラパポート主催、3月19日のGEMTalks LinkedIn Liveにて、GIA特別研究員のジェームズ・E シグリー博士が、ダイヤモンド自体から原産地を特定する科学的困難について説明した。 G7がロシア産ダイヤモンドの輸入禁止措置を決定...
ダイヤモンド

WFDBはロシア制裁のための「ベルギープラン」に異を唱える

世界ダイヤモンド取引所連盟(WFDB)は、ロシアダイヤモンドに対する制裁の方法として、全てのG7加盟国向けのダイヤモンドに対してアントワープを唯一のエントリーポイントとする「ベルギープラン」に意を唱えている。 ロシア産のダイヤモンドに対する...
ダイヤモンド

世界のダイヤモンド業界は新たな制裁の実施に向けて準備を進める

世界のダイヤモンド業界は2024年の大きな変化に備えを進めている。 ロシアに対する新たな制裁により、ダイヤモンドのサプライチェーン全体にわたるトレーサビリティプログラムの導入が加速されることになる。ダイヤモンドをG7加盟国に販売する場合、企...
ダイヤモンド

StargemsがSarineのAutoScan Plusを導入

ドバイに拠点を置くStargemsは、ダイヤモンドのロットを自動的に高速に登録するSarineのトレーサビリティ技術を導入した初のダイヤモンドテンダーハウスになった。 同社は、Sarine社のDiamond Journeyと統合されるAut...
ダイヤモンド

G7によるロシアダイヤモンドの禁止は1月に始まる可能性が低い

G7によるロシア産ポリッシュダイヤモンドの禁止が2024年1月1日にスタートすることを期待する声が多くあったが、これはおそらく早ければ来年3月の開始になるだろうと関係者は語った。 G7の代表者たちは11月中旬までに提案をまとめる予定だと述べ...
ダイヤモンド

SarineとデビアスはG7のトレーサビリティシステム開発に協力

デビアスとSarine Technologiesは、税関を通過する全てのダイヤモンドの原産地をG7諸国が完全に確認するためのシステム構築に向けて協力している。(G7には日本も加盟している) Tracr-Sarineと呼ばれるこのプログラムは...
ダイヤモンド

Sarineがメレダイヤモンドの追跡プログラムを開始

イスラエルに本社を置くダイヤモンドテクノロジー企業、Sarine Technologiesは、メレダイヤモンドの起源をたどり、ダイヤモンド原石から研磨されたダイヤモンドの間のリンクを確立する新しいシステムを発表した。 Sarineは今週月曜...
ダイヤモンド

ダイヤモンド業界 – トレーサビリティの難題

5月中旬に日本で開催されたG7サミットは、ダイヤモンド業界にとってあまり良い結果とはならなかった。 ダイヤモンド業界は、ロシア原産のダイヤモンド原石から研磨されたダイヤモンドがこれらG7の国々に流入するのを防ぐための追加措置がこのサミットで...
ダイヤモンド

ダイヤモンド自体を分析して原産地を特定することは技術的に可能か?

ダイヤモンドそのものを分析し、それがどこで採掘されたかを特定することは可能だろうか? 迅速かつ非破壊的な方法によってダイヤモンドの地理的起源が特定できるとしたら、それは理想的な方法だ。基本的に、特定の一部の宝石に対しては原産地の特定は可能だ...
ダイヤモンド

GIAはデビアスTracrブロックチェーンプログラムに参加

デビアスは自社のトレーサビリティプログラムであるTracrにGIAを参加させ、GIAがTracrブロックチェーンの情報を付けたダイヤモンドのグレーディングレポートを発行できるようにした。 この新しいGIAグレーディングレポートは、ダイヤモン...
ダイヤモンド

業界のロシア危機 – 2:制裁の作成[RAPAPORT]

『業界のロシア危機 – 1:アルロサのポジション』はこちらから。 ロシア危機により、ダイヤモンド業界は「責任ある調達」を次のレベルに引き上げることを余儀なくされている。ダイヤモンド業界が長い歴史の中で風評に対応してきた長い歴史を考えると、ウ...
ダイヤモンド

Sarineは消費者向けトレーサビリティウェブサイトを開設

イスラエルを拠点とするダイヤモンドテクノロジー企業、Sarine Technologied Ltd. (Sarine)は、天然ダイヤモンドへの信用と信頼を築くためにデザインされた、新しい消費者向けウェブサイトを立ち上げた。 このウェブサイト...
ウォッチ

スイスの時計メーカー”ブライトリング”は、2024年までに全てのダイヤモンドをラボグロウンへ切り替える

スイスの時計メーカー、ブライトリングは今後、ラボグロウンダイヤモンドと特定の小規模採掘業者が採掘した金の使用に切り替えることにより、製品ポートフォリオ全体で「エンドツーエンド・トレーサビリティ」を実現させるとしている。 ブライトリングが使用...
ウォッチ

ブライトリング初、サプライチェーンのトレーサビリティを100%確保し、責任を持って調達したベター ·ゴールドとベター · ダイヤモンドを使ったスーパー クロノマット オートマチック 38 オリジン

ブライトリングは、ぜいたくをよりサステイナブルにするという目#SQUADONAMISSION to do betterを追跡しています。ブライトリング初の「トレーサブル ウォッチ」は、使用される金や中にはめ込まれるダイヤモンド素材の原産地に...
ダイヤモンド

HBアントワープがデジタルプロテクト・ダイヤモンドカプセルを発売

ベルギーのメーカーであるHBアントワープ(HB Antwerp)は、個々のダイヤモンドをデジタル技術で安全に保持するダイヤモンドボールト(カプセル)を発表、このデバイスが原産地検証を保証し、改ざんからダイヤモンドを保護すると述べている。 こ...
ダイヤモンド

テクノロジーがもたらすダイヤモンドの信頼性と透明性 – Sarine社アジア統括Noy Elram

テクノロジーの最先端企業であるSarine社に、今後に大切なテクノロジーによるダイヤモンドの未来について詳しく話を聞いた。 Noy Elram – Sarine TechnologiesAPACManaging Director Q: 日本...
ダイヤモンド

GIAはダイヤモンドの原産地検証サービスを開始

GIA(米国宝石学協会)は、消費者にダイヤモンドの原産地検証を提供する新しいサービスの受付を開始した。 大手のダイヤモンドメーカーは既に7月上旬にGIA原産地検証サービス(Source Verification Service)のためにポリ...
イベント

「トレーサビリティはダイヤモンド業界をどう変革するのか」要約 [Sarine x W&J]

6月22日、サリネ・テクノロジー(Sarine Technologies Group)及びW&J Today(時計美術宝飾新聞社)の主催により「トレーサビリティはダイヤモンド業界をどう変革するのか」と題したウェビナーが開催されました。この記...